カテゴリ:旅行( 43 )

地中海クルーズ(3) ~バルセロナ①~

3日目、10月3日はバルセロナ。(寄航予定時間、7:00~14:00)

どんどん更新していきます。(2日目もお見逃しのないように・・・^^)

この日も早く目が覚めてしまって、外を見ると、おぉ~!もうすぐバルセロナだー!
(毎朝、感動するのが日課となってしまいました。)

c0188086_2358524.jpg

半日だけの寄港地だったので、6時半には朝食を食べに行き(空いてると思いきや、団体客でビュッフェレストランはすでに満員。)そそくさと出かけました。
地図上では港は街に近かったので、歩いて最寄の地下鉄の駅(L3:Drassanes)まで行く事になったのですが、なんだかすごく遠そうな予感・・・
ズラッと並んだタクシーを横目に歩き始めた私達。子供達はタクシーで行こうよ~とブツブツ文句を言ってたんですが・・・

c0188086_081750.jpg

と、ちょうどその時、とても綺麗な日の出が!
海に沈む太陽は見た事があるけれど、海から出てくる朝日を見たのは初めてで感動。

c0188086_0163748.jpg

写真をたくさん撮りながらゆっくり歩いてたせいもあって、駅まで45分程もかかってしまいました。
メトロの駅でまずは切符を買います。この日は途中からダンナと息子ペアと別行動の予定だったので、それぞれのペアが回数券(T10:1枚8ユーロ強。何人ででも利用可能)を買い、スタートです。

まず皆で一緒に訪れたのは、バルセロナ観光では外せない、サグラダ・ファミリア聖堂。
駅の外に出ると目の前に聖堂がそびえ立ってて、おぉー!(中に入る時間がなくて残念でしたが・・・)

c0188086_0272316.jpg

この後、ダンナ組はFCバルセロナの本拠地であるスタジアム、カンプノウの見学に。
私と娘はランブラス通りにあるバルセロナ市民の台所、サン・ジュセップ市場へ。
(13:30までには船に戻らなければならないので慌てぎみで行動です。汗)

c0188086_0364980.jpg

c0188086_0411792.jpg

目的は1ユーロのフレッシュジュースを飲む事(それだけ。笑)だったのですが、あれ?2ユーロとか1.50ユーロの値札しか見かけません。。。値上がりしたのかな?と思い、たまたま通りかかったジュース屋さんでミックスジュースを買ったら、そこは1ユーロでラッキーでした。(^^)

c0188086_144527.jpg

コロンブスの塔。

c0188086_0473922.jpg

ここからはもう歩きたくないので、バスで船まで戻りたかったのですが、乗り場がイマイチ分からず、それらしきバス停でウロウロしていたら、ちょうどそこにMSCファンタジアに今日から乗るというスペイン人のカップルが来て(毎日各寄港地から客の乗り入れがある)お互い安心して待っていたのですが、どうやらそこにはバスは来ないらしく、それならという事で皆でタクシーで船まで向かいました。
そのスペイン女性は英語がしゃべれなかったのですが、結婚指輪を指してのジェスチャーでハネムーンでクルージングに来たのが分かり(多分。笑)私までなんだか嬉しい気持ちになりました♪


バルセロナ②に続く・・・


長々と旅行記を書いてますが、興味のある方に少しでも参考になれば幸いです。
そして最後にどちらか1つだけクリックして頂けると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

いつも応援有難うございます。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-13 01:06 | 旅行

地中海クルーズ(2) ~マルセイユ~

2日目、10月2日はマルセイユ。(寄航予定時間、8:00~18:00)

早朝、目が覚めてバルコニーに出てみると、もうマルセイユの港付近に来ていました。
(入港時刻は8時の予定となっていましたが、7時頃には到着したと思います。)

c0188086_221715.jpg

現地の観光はMSCが企画しているツアー(13歳以上は大人料金で一人50ユーロ前後~)に参加する事も可能ですが、我が家はローマだけを予約し、他の場所は全て個人で周りました。

マルセイユでは、まず中心地(旧港)までタクシーで行き(港から約22ユーロ)、そこからフランスではおなじみ?の観光用機関車(プチトラン)に乗ってスタート。日曜日という事もあってか、すごい人が並んでましたが、すぐに次のプチトランが来たので10分も待たずに済んだでしょうか?

c0188086_22311189.jpg

目指すは丘の上からこちらを見下ろしている、ノートルダムバジリカ聖堂。
(プチトランで往復7ユーロ/一人)
 
c0188086_22374957.jpg

坂道もなんのその、どんどん上に登りながら走ります。

c0188086_22414975.jpg

ついに聖堂のある丘の上に到着。

c0188086_2243869.jpg

観光客で賑わっていましたが、丘の上から見渡せるマルセイユの景色は素晴らしく、遠くにイフ島(イフ城)も見る事が出来ました。

c0188086_22474726.jpg

見学後またプチトランで街に戻り、マクドナルドでちょこっと無料Wifiを利用してネットなどして(船内だとすごい料金らしいので。)船の待つ港まで今度はバスで戻りました。

c0188086_2254446.jpg

船内では子供達が美容院に行く事に。いきなり2名の予約だったので、カットだけでも構いませんか?と聞かれ、私としてはもちろんその方が嬉しかったので(男カット25ユーロ、女カット24ユーロ)で予約したんですが、結果的にはあれこれ勧められたらしく?息子はカット終了後に商品(シャンプーとジェル)を37ユーロで差し上げる代わりにカット代は無料にしますがいかがですか?と言われそれに応じ、娘はシャンプー&ブローやら何やらあれこれやってもらい66ユーロ也・・・と結局想定の倍になってしまいました。(汗)

まぁ、一度きりの経験だし仕方ないかとも思うのですが、その数日後には美容院の半額日なんかもあったりして、あ~もっと早く言ってよ~って、、。(悔)

ちなみに船内での清算は全て各自がチェックインでもらった鍵兼用のカードで賄われるシステムで、このカードを提示して支払ったものは全てクレジットカードまたは現金で最終日に清算されるしくみだったので、船内では財布なしで生活できて便利でした。
ちなみにこのカードには顔写真もコンピューターにインプットされてるので、船の出入りではカードで本人かチェックされます。よって他人が使用する事を防げます。


バルセロナに続く・・・


ランキングに参加しています。 
どちらか1つだけクリックして頂けると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

いつも応援有難うございます。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-12 23:21 | 旅行

地中海クルーズ(1) ~ジェノバ~

秋休み開始と同時に7泊8日(10月1日~8日)の地中海クルーズの旅に出かけておりました。
毎日色んな国を訪れてとても興味深かったので、忘れない内に少しずつ旅行記をアップしていこうと思います。

******* こんなルートでした。*******

c0188086_2514664.jpg

今回利用したのは、前から乗ってみたかったMSCクルージング
お手頃な値段で家族で楽しめるクルージングなので、この辺りではCostaなどと並んで人気があるようです。(娘いわく、クラスの子のほとんどが一度はMSCの船に乗った事があるらしい?そうで。)

私達が乗った船はヨーロッパでは最大級といわれる、MSCファンタジア(全長333.3m、幅37.92m、高さ66.8m)で、出航はイタリアのジェノバから。

c0188086_25543.jpg


ジェノバまではダンナの運転する車で行きました。(途中、ギスモをいつもお世話になってるシッターさんに預けてしばしのお別れです。寂)
出向予定時間は18時、チェックインは14時~となっていたのですが、11時半頃にはもうターミナルの駐車場(予約済)に到着。にも関わらず、チェックインも出来て(カウンターに日本人女性がいて助かりました。)キャビンにも案内され、おまけにウエルカムランチにも招待され、思ったよりも早々と船上の旅が始まりました。

c0188086_2155976.jpg

部屋(キャビン)は、18歳未満の子供料金は親と同室の場合、ポートチャージ(1万円弱)のみだけと随分お得なのですが、うちはティーンの男女だし誰がソファーベットに寝るか?など色々考えた結果、特別子供料金追加で家族で二部屋(隣合わせでバルコニーを通じて行き来可能)アレンジしてもらいました。
部屋は快適でしたが、やや狭かったので(各自の荷物の事を考えても)我が家の場合は二部屋取って正解だったと思います。(でも数年前までだったら、寝るだけだし一部屋でも十分だったでしょうけどね。)
c0188086_31585.jpg

さてこれで落ち着きたいところでしたが、、、
ジェノバに向かう途中に気が付いたのですが、大事?な「ファンデ」を家に忘れて来てしまって、、。(汗)
船内にもデューティーフリーショップなどがいくつかあるのですが、高付くであろうと判断し早速ジェノバの街にくり出しました。しかしファンデを売ってるであろう店がなかなか見つからず、薬局も時間的にお昼休みでどこもかしこも3時半まで閉まってる店ばかりで・・・(あぁ、ここは昼休みの長いイタリアだった、、。)
ならば百貨店でも仕方ないかと思い、探しましたがこれまた見つからず、やっと一軒空いてる薬局を見つけ、そこでとうとうゲット。(メーカーも2種類しかなく、さっさと購入。笑)
*ちなみに後で判明したのですが、船内のデューティーフリーショップにもロレアルなどお手頃価格のファンデもありました。(汗)


結局ちょっとそこまで行って戻って来るつもりが、すっかりジェノバ観光になってしまいました。
(まぁ、この日は街に出る予定ではなかったので、よかったといえばよかったのかな?)

赤い水の噴水。(ちゃんとした名前があるんでしょうが。)
c0188086_2335489.jpg

c0188086_234443.jpg

夕方になりいよいよ出航です。
言われなければ分からないくらい、船が動いてるのに全然気が付きませんでした。が、普段船酔いをする事の多い私と娘は夕食時(=出発時)に少しだけ体に振動を感じ、やや不快感はあったものの、しばらくすればそれも収まり、全く普通のホテルでの生活同様に快適に過ごしました。


マルセイユに続く・・・


ランキングに参加しています。 
どちらか1つだけクリックして頂けると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

いつも応援有難うございます。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-12 02:49 | 旅行

ドロミテ ~ドッビアコ湖~

いよいよドロミテも3日目、最終日です。(前回の記事

滞在地のドッビアコからの帰り、隣村(Villabassa / Niederdorf)で
マルクトが開かれてる事を知り、ちょっと寄ってみることに・・・

c0188086_4242793.jpg

でも期待とは裏腹に小さな広場が埋まるくらいの数店舗だけのマルクトで、
ちょっとガッカリだったんですが、せっかくなので南チロルの名物である、
シュペック(燻製生ハム)を買いました。

このマルクトにいた時間は10分前後?てな感じで、時間が潰せなかったので
またドッビアコに戻って、まだゆっくり見てなかったドッビアコ湖に寄ってみようという事に。

あんまり期待せずに訪れたのですが、やっぱり湖は神秘的で心が洗われました。

c0188086_4372345.jpg

c0188086_4414383.jpg

c0188086_4423184.jpg

貸しボートがあったので、ちょっと湖を一周。(30分、5ユーロ)

c0188086_4491755.jpg

この湖を後にし、車でドッビアコを過ぎようとした時に、ダンナが、

「おぉ~!あの素敵なトラックを見ろっ!」というので
へ?素敵なトラック?!と思いキョロキョロしてると・・・・

おぉ~!本当に素敵なトラック(笑)が私達の前に!(あの三姉妹峰 ↓)
しかも信号待ちで、撮影も成功。(^^)v

c0188086_4501637.jpg

旅の最後にまた素敵な景色を見れて嬉しかったです♪


いつか機会があったら、是非またドロミテを訪れてみたいです。
さすがはユネスコ世界遺産に指定されただけあって、自然の見所がいっぱい。

ちなみに今度行ってみたい場所はこのカレッツァ湖

素晴らしすぎる。。。


長いことこの旅行記にお付き合いくださり有難うございます。
ついでに応援クリックしていただけると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by mucci194 | 2011-06-09 05:18 | 旅行

ドロミテ ~ドッビアコ~

ドロミテ旅行記の続きです。

今回、私達が滞在した所はイタリア、南チロルのドッビアコ(独:Toblach/トブラッハ)という村。

南チロルは以前オーストリア領だった為、ドイツ語も普通に通じ、
看板もイタリア語とドイツ語の二ヶ国語で書かれているので
何も言われなければ、ここはスイス?オーストリア?といった感じです。(^^)

c0188086_0344753.jpg

こじんまりした村ですがバスも走っており、交通の便は良さそうでした。
メイン通りは小さいながらもお店が立ち並び、薬局やスーパーなども揃っていて
この辺りの他の村に比べると、ちょっとしたリゾート観光地といった感じでしょうか。

c0188086_0425448.jpg

ホテルの部屋からの眺め。(Hotel Christallo←よかったです。)
c0188086_046741.jpg

ホテル内のレストラン。(窓に覆われていて開放感がありました。)
c0188086_050661.jpg

朝食と夕食付きだったのですが、美味しくて毎日ガッツリ食べたおかげで
あんなにハイキングばかりしてたのに、重くなって帰って来ました、、。

c0188086_059291.jpg

c0188086_10447.jpg

ゲストはイタリア人がほとんどで、スイスからの客は珍しく(笑)私達だけ?で
普段は多いドイツからの客も一家族だけのようでした。
(ダンナがホテルの駐車場でそれらをざっとチェック済み。笑)


ちなみに今回の滞在中にリンパマッサージ(全身)を初体験しました。
脚のマッサージは時々くすぐったかったですが、疲れた体に心地よかったです。

でもさすがにお腹の肉を揉まれる時は勇気が要りました。(汗+笑)

 
自分日記が続いてますが、
よろしかったら応援クリックお願いします。(^^)
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-06-08 01:15 | 旅行

ドロミテ ~プラトーピアッツァ~

ドロミテ旅行記の続きです。

ブライエス湖を訪れた後に向かったところは、「プラトーピアッツァ」。

標高約2000mの高台にある絶景ポイントで、
三姉妹峰やクローダ・ロッサ、モンテ・クリスタッロなどの山々が眺められます。

でも残念ながら曇っていて全部の山が見えず、私達に見えたのは一体どの山なんだか・・・

c0188086_310132.jpg

駐車場から、更に高台にあるデュレンシュタイン小屋(写真↓真ん中あたり)まで
よく整備された平らなハイキングコースを30分程歩きました。

c0188086_3194341.jpg

c0188086_3203035.jpg

c0188086_321536.jpg

愛犬連れの方もたくさんいて、ギスモを連れて来なかった私は
ワンちゃん達を見かける度にホームシックになりそうでした、、。

c0188086_3234962.jpg

小屋の前でしばらく雲の流れを見ながらしばらく待っていましたが、
一向に様子が変わらない感じだったので、諦めて下山。

ハイキング中は傘をさしたり閉じたり、天気がころころと変わりましたが
目の前に広がる緑の自然の中を歩くのは、やはり気持ちの良いものですね。

ちょっとは心の洗濯が出来たかなぁ。。。
 

いつも応援クリック有難うございます。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by mucci194 | 2011-06-07 03:40 | 旅行

ドロミテ ~ブライエス湖~

ドロミテ2日目は、三姉妹峰に続き、「ブライエス湖」へ。
(独:Pragser Wildsee / 伊:Lago di Braies)

c0188086_67895.jpg

透き通るような湖に山や建物、歩いてる人々の姿が反射して映り
まるで鏡のように静かな湖でした。

c0188086_6103459.jpg

湖の周りにはハイキングコースがあり、私達はそのコースを一周(1時間くらい)。
途中、山の上に行くコースもあったので、そこにも寄り山小屋でちょっと休憩。

c0188086_6122541.jpg

c0188086_6131999.jpg

c0188086_614075.jpg

c0188086_6144172.jpg
c0188086_615827.jpg

この日は曇っていたのにも係わらず、この水の色・・・
天気が良い日は更に素晴らしいエメラルドグリーンなんでしょうね。

 
しばらくこの旅行記(自分への覚書程度)が続く予定ですが
よかったらコメントの代わりに応援クリックをお願いします。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-06-06 06:36 | 旅行

ドロミテ ~三姉妹峰~

この連休を利用して、南チロル(イタリア)はドロミテの方に行って来ました。

まず初日に訪れたのは、三姉妹峰とよばれるこの山。
ドイツ語ではDrei Zinnen(ドライツィンネン)。

日本人観光客の姿もチラホラと。

c0188086_441251.jpg

この辺りまではサクサク歩いていたんですが、、、
c0188086_4421521.jpg

ダンナが雪の中も(誰かの足あとがあるからと)歩き出し、
地面が見えているルート目指し、近道するつもりがこれまた大変な事に。
もうまわりには日本人どころか、誰もいません。(汗)
(私たちの後を付けてくるグループはいましたが。笑)

c0188086_4425294.jpg

どうにか三姉妹峰の裏側に到着。

c0188086_4433973.jpg

そこから更にゴツゴツ岩や石の道のルートをどんどん歩き、
三姉妹峰の周りを一周する感じで、どうにかスタート地点に到着。
(最初は青空だったのに最後は雨も降って、山の天気は変わりやすいです。)

c0188086_4441622.jpg

なんだかんだ3時間近くのトレッキングとなりました、、。
ワタシはちょっとハイキングのつもり、で行ったんですけども。(汗)


続く・・・

 
「読んだよ」のしるしに、
応援クリックよろしくお願いします。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-06-05 05:11 | 旅行

チロル風あんまん? ~南チロル・2011~


また休暇の話の続きです。

*************************



散歩がてら、一度スキー場にも行ってみました。(上まではゴンドラで。)


何故か、ゲレンデの反対側の景色ですが、、。
c0188086_422320.jpg

ちょうどお昼時だったんですが、朝食をたくさん食べてあまりお腹が空いてなかったので
何か軽食でも・・・と思いながらレストランに入ると、、、、、


えっ?!肉まん?!
c0188086_464456.jpg

な、ワケはなく・・・(笑)


一緒に行った友人が、「これは、どちらかというとデザートみたいな感じよ。」と言うので、
ちょっとガックリもしましたが、やっぱり、肉まん、あんまんみたいな味しか想像出来なくて、
これを注文する事にしました。(笑)


店員が、「トッピングはシナモンにしますか?ケシの実にしますか?」
と予期せぬ質問に、困りながらも(汗)、とっさにシナモンを注文、、。
ホントはあんまり好きじゃないというか、ますます肉まんからかけ離れていく様で残念でしたけども。(笑)


出された物は、じゃじゃ~ん!クリームたっぷりソース+シナモンばっさりのこんなモノ。(^^;
c0188086_4172626.jpg

食べると、温かくて蒸しパンみたいな感じ?でふわっと美味しいんですが、
やっぱりシナモンの味が強烈で私の肉まんの夢は跡形も無く削り去ってしまいました。(しつこい。笑)


中にはジャムみたいなのが入ってるんですが、この味がまた微妙というか、、、
食べた事がある味なんですが、何だろ?という感じで。(笑。プルーンかなぁ???)

あ、写真!と思った時は、もうこんなキタナラシイ感じになってしまいましたが、、、(汗)
c0188086_42458.jpg

で、肝心のこの食べ物の名前なんですが、、、
注文中、この食べ物の看板(宣伝)みたいなのが天井にぶら下がっていて、
「チロルのナントカカントカ」と書いてあったので、それを見ながら、記憶していたのにも関わらず
食べてる最中に忘れてしまって、、。(シナモン味にショックで。うそ。)


隣に座っていたドイツ人グループの人に聞いて、また教えてもらったのですが
さっきの看板とは違う名前で、またすぐに忘れてしまいました、、。(どんだけ。汗)
それで、この記事を書くのに、色々と検索してみたのですが、やっぱり見つけられず・・・


どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください!


でも、このデザートは一回食べれば十分かな?といった感じだったのですけど、
「ケシの実」の方も食べてみたいかな?と思って、、。(笑)


ていうか、やっぱり肉まんが食べたいな。(爆)
[PR]

by mucci194 | 2011-02-09 04:37 | 旅行

湖に沈んだ村 ~南チロル・2011~


私達が訪れたレッシェン湖は、水力発電所の建設の為に造られた人造湖です。

冬は湖全体が凍ってしまい、ご覧の通り(↓)人も歩けます。

c0188086_1305537.jpg

さて、1950年まではこの湖の下には村があり、傍には小さな湖があったようです。

しかしイタリア政府の計画により、その湖を拡大する、つまり村を水没させる事が決まり、
驚いた村人達は反対運動を起こしたようですが、その努力も虚しく、計画が実行に移され
立ち退きをせざるを得なかった村人など、1000人もの人がこの悲劇に遭ったという、
悲しい歴史があった事を今回の休暇に知りました。


昔のそのグラウン村の様子。(絵葉書より)
左上の写真(↓)に見える教会の塔が現在唯一、湖に残ってる塔です。

c0188086_1392262.jpg

水没させる際、建物は全て爆破され、170件もの家や建物が壊されてしまったようですが
不思議とこの教会の塔だけは破壊されずにそのまま残ったそうです。(詳しくはこちら


実は昔10年くらい前にこの湖を通った事があったのですが、
その時はこの湖について何も知らなかったので、この塔を見た時は、ただただビックリ!
まさか、こんな歴史があったとは・・・・・
今はこの村にも平和が戻っている事を願うばかりです。


湖のほとりで戯れるワンたち。

c0188086_1505869.jpg

氷の湖の上では、アイススケートも楽しめます。

c0188086_1525683.jpg

見てると気持ち良さそうで、私もしたくなりましたが、、、滑れない~(^^;
なので、ギスモたちと(休暇に同行したプリンちゃんと)一緒に見学です。
凍った湖の上で、ビビりながら、、。(笑)

c0188086_1545698.jpg

山の上から塔を見下ろして・・・

c0188086_212539.jpg

この可愛いプリンちゃん、まだ6ヶ月の仔犬ですが、
とってもおりこうで、ギスモよりよっぽどお姉さんといった感じでした、、。
[PR]

by mucci194 | 2011-02-08 02:05 | 旅行