カテゴリ:お出かけ( 53 )

ニューオーリンズの夜

 
アメリカはニューオーリンズに行って来ました~!(?)

な~んて書きたいところだけど(しかも更新も久々でそう思われた方、スミマセン。)実際は地元ザンクトガレンの「ニューオーリンズ・ジャズフェスティバル」に昨晩、ダンナの友人の奥さん連中、女4人で行って来た。

ちなみにこの集まりの幹事は当初、彼女の家の近くの湖にあるレストランに行こうと言っていたので、皆そのつもりで彼女の家に集まったのだが、昨日はたまたまザンクトガレンでこのフェスティバルがあった事から、彼女の提案で急遽予定が変更になった次第。(はじめからそのつもりであれば、普段は履かないヒールのサンダルなんて履いて来なかったのに・・・街は石畳が多い。汗)


さて、街ではニューオーリンズ風にあちこちでジャスやブルースが演奏されていたのだけど、こうしてみると(↓)背景がいかにもスイスだな・・・(^^;

c0188086_5114010.jpg

でもスイスの割にはここは渋谷か?と思うほど人が多かった。
だからなのか?何人もの知人にバッタリと出会った。

c0188086_521182.jpg

ジャズに合わせて踊ってるオジサンもいて、スイス人(?)でもこんな風に陽気になれるんだ?と様子を見ているだけでも楽しかったが、私(達?)はジャズを堪能したというよりは、お酒に食い気という感じだった・・・かな?(なぜか屋台はアジアンが多く色んな国の屋台が出ていたが、アメリカンは見かけなかったような?笑)

そして何よりも幸いだったのは天気にも恵まれた事。(雨は一時数滴だけ降った程度ですぐに止んだ)スイスにしては珍しく夜が更けても暖かくて上着もいらないほどだったから。

肝心のジャズ演奏は11時にはもう終了してしまって私達も帰る事になったが、街をヒールで歩きまわった私の足はもうボロボロで足の裏が痛くて立ってるのもしんどかった、、。

たまにこういった場違いな女(山にヒールみたいな)を見かけるが、まさに周りの目からは(自分が)そう思われていたとしても仕方が無い。(汗)

そう思うと余計にイタイ(痛い)ニューオーリンズの夜だった。

(そして山にヒール女もひょっとしたら急遽、山に来るハメになったのかも知れない?と少し考えを改めた。^^)

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村 スイス情報

(*1日1回クリックしていただくとポイントが加算されランキングが上がるシステムです。)
[PR]

by mucci194 | 2012-06-21 05:47 | お出かけ

静かな魅力ある場所 ~エーゲリ湖~

 
この3連休(Pfingsten)は毎年恒例のハイキング休暇で、今年はツーク州にあるエーゲリ湖に出かけた。(ちなみに去年はココ。1年経つのは早いですね。)
c0188086_237381.jpg

毎年続行されているいるこの家族ハイキングだが、行き先やプログラムは全て担当になった夫婦が決めるので、今回はどんな所だろう?どんなホテルだろう?どんなハイキングコースなんだろう?と毎回ワクワク出来る新鮮さ?が何十年も続いてる理由なのかも・・・

初日はホテル付近を散策したりミニゴルフを楽しんだりと皆自由に過ごしたが、2日目からはいよいよプログラムに沿ってハイキング&BBQ。(今回は大人から子供まで総勢25名くらい。)

ウンターエーゲリの村からバスで山の上の方まで行き、そこから湖を下に眺めながらハイキング出来るパノラマコースを歩いてまたホテルまで戻った。
c0188086_2415259.jpg

BBQが出来る公共の場所でランチとなったが、そこには珍しく冷蔵庫があり、中にはビールが1本2.50フランで買えるようになっていた。おまけに簡易トイレまで付いていて、こんな所はこれまでのハイキングでは初めてだった。しかも眺めも抜群で言う事無し。。。

シュランゲンブロート(Schlangenbrot/へびパン)と呼ばれるパンを手に美しい景色を堪能出来るのはスイスならでは・・・?
c0188086_2545760.jpg

このハイキングコースは歩きやすく平坦な道がほとんどだったのでマウンテンバイクで通り過ぎる人も多かったが、途中の山小屋カフェでみかけた自転車置き場?にちょっと感心した。(棒1本でこういう利用法もあるんですね。^^)
c0188086_2573839.jpg


3日目はホテルから直接ハイキングコースを歩き、湖畔でBBQをしてから更に向こう岸まで歩き、そこからボートでホテルまで戻ってくるコース。

静かな湖畔はのんびりとしていて、こんな素敵な所に住んでる人は毎日がホリデーみたいだろうなぁ?などと思いながらゆったり気分で楽しくハイキングした。(今回はきついコースでなくてホッとしました。)
c0188086_385516.jpg

今回のハイライトとなった場所はココ。↓「*モルガルテンの戦い記念碑」
*1315年、モルガルテンの戦いにおいて、農民武装集団であったスイス軍が、オーストリア・ハプスブルグ家の国王軍を打ち破り、スイス独立の礎を築いたとされている。
c0188086_392915.jpg

上から石を投げて戦ったというから恐るべし。
中世のスイス人は強かった・・・(興味のある方はこちらもどうぞ。)

エーゲリ湖、山と村に囲まれたこじんまりとした湖だが、かなり気に入った。
ダンナをはじめ、この場所は初めて訪れた人が何人もいたが、皆、大変気に入った模様なので、まだ行かれたことのない方は是非一度訪れてみる価値アリかと?

ちなみに今回はギスモは息子と家でお留守番でした、、。


よかったらポチッと応援してね♪
     ↓      
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村 スイス情報

(*1日1回クリックしていただくとポイントが加算されランキングが上がるシステムです。)
[PR]

by mucci194 | 2012-05-30 03:39 | お出かけ

ブロ友さんがやって来た

今週末、日本からブロ友のYukkoさんが彼女のドイツ旅行の途中にスイスにも寄ってくれ、私に会いに来てくれました。(遥々こんな田舎まで寄ってもらえるなんて嬉しかったです。)

うちの近場をあちこち周り、一緒に観光客になった気分♪

c0188086_782276.jpg

ブロ友さんにお会いするのは今回でお二人目ですが、毎回会う前はドキドキお見合い気分。
なのに会った途端、旧友にでも会ったかの様な嬉しさで初対面とは思えない不思議な気持ちに。

実際、あれこれ話してると、「あ、それ前に言ってたよね~」とすでにブログを通して何でもお見通しで(笑)
よっぽど本来の親友よりも私の事を知ってる存在なのでは?と思ってしまうくらい・・・(^^;

今回は彼女の友人も一緒だったのですが、3人で同窓会気分?で楽しい週末を過ごしました。
もしブログをしていなかったら、きっと知り合えなかったであろう友人達。。。
時代と共に変わってきた出会いに不思議な縁を感じた次第です。

 
これだからブログってやめられない。(^^)
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 犬 海外生活

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-12-05 07:44 | お出かけ

ミラノ♪


先週の土曜日、村の「母の会」の遠足でミラノに行って来ました。
(日帰りの遠足でミラノに行けるなんて、こんな田舎でも何気に便利なもんです。^^)

c0188086_1451470.jpg

現地では自由行動だったので、私は3人組で観光名所を見学しながら時々ショッピング。

帰りのバスの中では皆様、毎年恒例の「みせびらかし会」。といっても何を買ったか見せる人は一部の方々だけなので、私はもっぱら見学組で楽しみました。
今回は念願だったルイ・ヴィトンのバック(約600ユーロ)を買って喜んでた人もいましたよ。(羨)

私ですか?
ジャケットを1着買いました。もちろん、GUCCI!!!

じゃないのが残念だ。(笑)
 
   いいね049.gif
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつも応援ありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-27 02:12 | お出かけ

アッペンツェルまで

天気も良いことだし、ギスモを連れてアッペンツェルの山まで散歩に出かけました。
まずは車で山の麓まで行き、そこからハイキングコースを歩きました。

まずは牛たちのお出迎え~
c0188086_4343184.jpg

山に散歩に来たのは久々で、嬉しそうに草原を駆け回るギスモ♪
c0188086_4345928.jpg

可愛く咲いていたクロッカスの様な花。何という花なんでしょう?
c0188086_4352847.jpg

木の葉の色に秋の気配を感じます。
c0188086_4355119.jpg

帰りは別のルートを歩いて来たので、車のある駐車場まで電車に乗って戻るハメに。
すぐに電車が来たのでラッキー!と思ったら乗り換えの駅で30分待ち。
(のどか~。汗)
c0188086_437232.jpg

やっと目的地に到着し車で少し山を下ったら、ちょうど今乗ってきた電車とすれ違い。
(のどか~。笑)
c0188086_4375295.jpg

散歩のつもりで軽く出かけたんですが、すっかり遠足のような一日となりました、、。

 
ランキングに参加しています。 
どちらか1つだけクリックして頂けると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by mucci194 | 2011-09-26 04:56 | お出かけ

砂の彫刻展

いやぁ~今日も暑かったです、、。
8月も下旬に近付いてるというのに、この暑さはスイスでは稀だと思います。

さて今日はボーデン湖沿いにある街、ロールシャッハに行って来ました。
そこで明日から「国際・砂の彫刻展」が9月18日まで開かれるのですが
作品は全て湖沿いの公園の中で作られて置かれている為、散歩がてら見学。

c0188086_51089.jpg

ある作品の後ろ側。

c0188086_511374.jpg
  
前はこうなってました。(↓)

c0188086_5131919.jpg

皆で何かを覗いてるのは、羊の群れ?

c0188086_515323.jpg

かと思いきや・・・あらまぁ!?(↓)

c0188086_516558.jpg

とにかく砂で作ったというのが凄いです。
札幌の雪祭りの砂版といった感じでしょうか・・・(スケールは違いますけどね、、。)

c0188086_523149.jpg

今日は作品の中から上位3チームと見学者賞1チームが選ばれたようですが
どの作品が優勝したのか気になるところです。 

個人的には、羊の群れ(↑)のが気に入ったんですが・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by mucci194 | 2011-08-21 05:31 | お出かけ

エルム ~野外BBQ~

エルムでのハイキングでは青空の下、皆でBBQ。

c0188086_0221423.jpg

この日は天気も良く、連休中というのもあって、私達のような団体も多く
指定されたBBQの場所は空いてるのか?ちょっと不安だったんですが
私達が到着した時には、ちょうど空いた様子でホッ、、。

が、同時にまた別のグループもやって来て・・・(笑)

それぞれが持参したソーセージなどを(先をナイフで尖らせた)枝に刺してグリル。
二つのグループでぎゅうぎゅうになりながらのBBQ...

c0188086_0231617.jpg

かと思いきや、もう一方のグループはそんなにソーセージは持参してない様子で
(写真↑は、ほとんど?全部?我がグループのソーセージ。)

代わりに?ワイン(グラスも持参)やチーズや干し肉系(サラミや生ハム?)でピクニック。
わぁ~おしゃれ~!こんなグループ、初めて見た。。。

と思ったら、彼らは西スイス(フランス語圏)からやって来たグループで
(どおりで洗練されてる?わけか、、^^)
私達にチーズなど分けてくれました。メルシー。


彼らが帰った後、ダンナの叔父さんが見せてくれたもの、
それは、これらのジャンボ松ぼっくり。

c0188086_024674.jpg

西スイスグループの人が持参して来たものだそうですが、
野外BBQで火をおこす場合、地面が湿ってるとなかなか火が点き難いものですが
そんな時でも、この松ぼっくりさえあれば、さっと火が燃え上がるらしく
西では松ぼっくりを持参するのが常識?のようで・・・

西だけに限らず、他の地域でも知られた話かも知れませんが、
叔父たちは、西スイス人からいい事を学んだと、嬉しそうでした。
(でなければ、一般的には新聞紙や乾いた小枝で火をおこす事になりますもんね、、。)


自然の中で食べるソーセージはまた格別ですね。
c0188086_029916.jpg


c0188086_0294698.jpg

翌日は、また雨だったので、(3連休中、この日だけ良い天気)
このハイキング日和に恵まれた事は本当にラッキーでした。
マルティンスロッホも見られたし満足。^^)


応援クリックもしていただけたら、もっと満足です。(^^)
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-06-16 01:11 | お出かけ

エルム ~世界遺産の穴場!?~

今回のエルムでの休暇で一番見てみたかったもの、

c0188086_2182660.jpg

それは、、、初日は曇ってて見えず、2日目にやっと拝見出来た、
マルティンスロッホ(Martinsloch/聖マルティンの穴)と呼ばれる山の穴!?

ホテルのテラスからの景色です。(見えるとは知らなかったので、おぉ~!)
真ん中の上あたりに見える山の中に、白くポツンと見える小さな穴(点)が見えますか?↓
c0188086_2185771.jpg

ええ、「スイスの穴場」とはこの穴のことでした。(^^)
(これでも穴の大きさは15m幅くらいあるようです。)

c0188086_2193974.jpg

この穴がある山は、スイスの世界遺産に指定されている、
スイスの活発な地殻変動地域サルドナにある巨大なグラールス衝上断層で、
古い堆積岩と新しい堆積岩との接触面を作り出している部分が見られます。
(なので手前の山とは色が若干違うのですが、この写真↑では解りにくくてすみません。)


ちなみにこの、「マルティンスロッホ」、何が特別なのかというと、
年に二度、春(3月13日か14日、8:52~3)と秋(9月30日と10月1日、9:32~3)に
太陽の光がこの穴に差し込んで、(↓こんな感じに。村の看板より。)

c0188086_221362.jpg

村の教会(↓)の塔に光が射す瞬間が見られるというもの。

c0188086_2222725.jpg

その日ばかりは、このひっそりとした小さな村も大勢の観光客でいっぱいになるそうです。
(スイスのテレビ局SF1でも放送されるようですが、見たことありませんでした、、。)

そんな奇跡のような光、
見れると何だか願い事が叶いそうですね★


一度でいいから見てみたい。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつも応援クリック有難う!
[PR]

by mucci194 | 2011-06-15 03:04 | お出かけ

エルム ~ハイキング~

この土~月曜日は、Pfingstenで(また)3連休でした。

この連休になると、家族・親戚、20名くらいのグループで
毎年、ハイキングに行く我が家。(去年はココ。)

今年はグラルス州にある、エルムという村に滞在し、
近場をハイキングしてきました。運良くハイキングの日曜日だけ晴天。(^^)
(今回、息子とギスモは家でお留守番でした・・・)

c0188086_4263837.jpg

c0188086_4272193.jpg

c0188086_428484.jpg

c0188086_4283611.jpg

c0188086_431536.jpg

c0188086_432151.jpg

帰りはバスで・・・

でも1時間に1本だけで、バス停前のレストランには私達を含め、
皆さん、バスを待っていて、皆、乗れるのか?不安な模様・・・
義母も不安ながらも、「私は絶対に乗って帰る!」と乗る気マンマンで、。(^^)


ちなみにここのバスは1/2タックス(半額券)が適用されません。

切符はバスに乗った時に買えるのですが、
たくさんの乗客が、「1/2タックスで。」と運転手に注文するもんですから、
運ちゃんはもうその頃からイライラして、ご機嫌斜め、、。

ならば、最初からドアにそう書いておけばいいのに。

で、降りるバス停もほとんど無いので、皆、どこで降りるのかよく解らず
降りようとする客に、「そこは違う!」とか怒り出す運ちゃん。
同時にそこから乗ってくる客にも、「もうちょっと待て!」と怒り
運ちゃん、一人でパニック状態。。。一体何なの?!
(と思いながらも、ダンナとこの運ちゃんの様子を見てクスっとw)


まぁ、最後はこんな感じで、ちょっと残念でしたが、
ハイキングの眺めは草花が広がっていて気持ちが良く
なんだかハイジになった気分でした♪


次回は、スイスの穴場!?をご紹介します。


また来るねクリックを!(^^)
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-06-14 04:52 | お出かけ

とある村の伝説?

先週末はちょっと趣向を変え?普段よく利用してるサイクリングロードを
左側(オーストリア方面)ではなくて右側、つまりスイスをサイクリングしました。

なぜか今回のコースは初めて!?だったんですが、見るもの全てが新鮮で
初めてスイスに来た観光客のような気分になりました。(笑)
(たかが左右の違いだったんですけど、目からウロコとでもいうか。^^;)


なのでちょこっと紹介していきますね。(^^)

まずはライン川に沿って設けられたサイクリングロードを快適に進みます。
向こうに見えるのはライン川に架かる橋。(橋をいくつも超えました。)
c0188086_555435.jpg

途中で道路がアスファルトから砂利道に・・・
その辺りからサイクリングする人々が一気に減りました。

先ほどまでいた大群がどこに行ったかというと、
別の舗装されたコースにチェンジした模様です。

c0188086_5552917.jpg

なぜアスファルトにしないのかというと、ダンナが言うには
この辺りに生息する珍しい鳥などの保護の為だそう。
(道を舗装するとサイクリングする人が増え、鳥が住み難くなる。)

c0188086_5561441.jpg

しばらく走ると、綺麗な水色のライン川を目にする事が出来ました。
(ライン川のこんな澄んだ水の色を見たのは初めてかも・・・↓)

c0188086_5565174.jpg

今回の目的地はこのルッティという村。
そこであるものを私に見せたかったダンナですが、(ヒントはこの村のワッペンに・・・^^)

c0188086_5574588.jpg

それが一体何だったかというと?

        ↓


        ↓


        ↓


この岩の壁でした~(^^)

c0188086_558555.jpg

昔はこの岩と岩の間をシカが飛び交ったという言い伝えがあるそうで
この岩の壁は、「シカのジャンプ岩」と呼ばれているみたいです。

真相のほどは知りませんが、なんでも猟師がシカを減らしてしまった事から
今ではそんなシカの姿は見られなくなったそうです。(ダンナ説)

えー?でもホントにシカがこの上を飛んだの?!
(結構な幅があったものですから)

とダンナに聞いたところ、彼の返事は、

「さぁ・・・?」(笑)

本当はもっとステキな伝説があるのかも知れませんね。。。
あしからず。


ちなみに、この岩の下の道路は、
ツール・ド・スイスのコースにもなるそうですよ。

 
タイトルに期待してガックリだったかも知れませんが(^^;
よかったら応援クリックしてくださいね。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-05-31 06:50 | お出かけ