カテゴリ:お出かけ( 53 )

サイクリングでリンダウまで

土曜日、天気が良いので、サイクリングでランチに行こうという事になって
ダンナとまたオーストリア側のボーデン湖まで走ることに。(そこまで30分ちょっと)

c0188086_239955.jpg

目的のレストランに着いて、早速注文したのは、二人とも今が旬の白アスパラ料理。
私のはこんな感じで、アスパラ入りヌードル+ポークステーキ。

c0188086_23112046.jpg

自分としては、食べ終わった後はまた家に帰ってもよかったんですが、
ダンナが言うには、ブレゲンツまで行ける新しい橋(自転車専用)が出来たらしいから
せっかくここまで来たんだし、そこを通ってブレゲンツまで行ってみないか?
という話になり、えーちょっと遠くない?なんて思いながらも行ってみる事に。

ブレゲンツといえば、この湖上舞台(Seebühne)が有名ですよね。
シーズンごとの演目によって、舞台のデザインが変わるのが興味深いです。
(3年前には、映画007のロケも行われました。)

c0188086_232942100.jpg

いつもこうして眺めるだけでおしまいですが、いつかはちゃんと舞台も観てみたいものです。


さて、この辺でアイスでも食べようか?って話になり、うろうろと走っていると、
またダンナが、せっかくだからさぁ、*リンダウ(ドイツ)まで行ってみないか?
(*リンダウはボーデン湖に面した半島の街で、上の写真だと舞台の後ろ側にある。)

えー?またそうやってノセるつもりですか・・・?
と思いつつも、ノセられるのは、このワタシ。

いえ、ずっと前から、一度自転車でリンダウまで行こうと誘われていたのですが、
なかなか気がすすまなくて、、、。でもここまできたら、
今のうちに行っておいた方が身のため?だとも思って、ええ、行きましたとも。(笑)

だけどですね、オーストリアもドイツもボーデン湖沿いのサイクリング道路は
すごく充実していて走りやすいし、眺めもよくてとても快適に走れました。
湖のビーチで泳いでる人もたくさんいました。

(この湖のスイス側のサイクリング道路がイマイチなのは、
湖沿いの土地が国の所有地ではない部分が結構あって、
道路の開通がうまくいかない為だそうです。)

って、オーストリアからドイツに入って、気が付いたんですが、
リンダウってバイエルン(州)だったんですね。(今更ですが、初めて知ってビックリ。汗)

というか、あ~、ついに自転車でバイエルンまで来てしもうた。って感じで。(笑)
そんなこんなで、あっという間にリンダウに到着♪

c0188086_23444874.jpg

途中でダンナとはぐれるハプニングもありましたが、港でどーにか会えました。
(こんな時に限って、二人とも携帯なし。なんせランチだけで帰る予定だったもんで。)

c0188086_23505729.jpg


c0188086_23541786.jpg


帰りは、スイス側までフェリーで。

c0188086_23563854.jpg

私たちのようにサイクリング客であふれていました。私たちは一番最後。乗れるのか?

c0188086_23574554.jpg

なんとか乗れました、、。(ちなみにこのフェリーには500人乗れるそうです。)

ところでオーストリア在住のブロ友snowdropさんもリンダウに行かれたようです。
さっき、お邪魔してビックリしました。素敵な写真が満載ですよ♪

c0188086_23582359.jpg


この日のまとめ:
スイス→オーストリア→ドイツ→スイス→オーストリア→スイス
てなルートで、丸1日がかりのサイクリングとなりました。
(およそ50Kmはかるく走ったかも!?)

こんな長旅になるとは・・・(笑)

 
おつかれクリック
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いつもどうもありがとう!
[PR]

by mucci194 | 2011-05-23 00:16 | お出かけ

スイスの秘境、ヴェルザスカ谷

この週末、ティチーノ州のロカルノまで行って来たのですが
ロカルノに行く前に、スイスの秘境のひとつ、ヴェルザスカ谷(Valle Verzasca)に寄りました。

その谷にある古いめがね橋は、SF1(スイス放送局)のCMで見た事はありましたが
私は橋の名前はもちろん、その谷の名前すら知りませんでした、、。

ちなみにそのCMはこれです。↓
(古い石造りのめがね橋で有名なラヴェルテッツォLavertezzo)




谷にある村はまるで中性にタイムスリップした様な感じで、絵画的な美しさです。

c0188086_3295465.jpg

春休みに入ったせいか、団体客や観光客が結構いて、橋の上には誰かしらいて
誰もいない橋を撮るのが難しかった、、。(↓この写真にも二名ほど。。。^^;)

c0188086_3393659.jpg

このめがね橋は、「飛び込み橋」とも呼ばれているそうで、橋の上から下を見ると
ホントに飛び込みたくなるというか、あまりにも綺麗な青さに吸い込まれそうに・・・

青緑色のヴェルザスカ川にかかる橋の影。(ダンナの力作?らしい。笑)

c0188086_3456100.jpg

川に沿って1時間ほど歩いてから帰りました。

c0188086_3474373.jpg


c0188086_3491397.jpg


ちなみに谷に入ってすぐのところにダムがあって、帰りに寄ろうと思っていたのですが、
すっかり忘れて通り過ぎてしまってから、二人でハッと気がつきました、、。(残念)

この写真は行きに車の中から撮ったものです。(^^;

c0188086_3495359.jpg

あとで知ったのですが、このダムは映画、「007ゴールデンアイ」で
ジェームス・ボンドがジャンプしたロケ地として有名だそうで・・・


知ってたら、きっとまた戻ってた事でしょう。。。(笑)


最後に、、、
ロカルノの中央広場「ピアッツァ・グランデ」より。
(ロカルノ国際映画祭が開かれる野外上映スペース)

c0188086_2553042.jpg

ライトアップされて綺麗でした。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by mucci194 | 2011-04-19 04:01 | お出かけ

進んでいる地球温暖化


このシーズンになると、毎年エンガディン地方に長期休暇に出かける義両親。

毎回、同じコンドミニアムを借りて、そこを拠点に散歩したり、ゆっくりと過ごすスタイルなのですが、

今回は義父の片目の調子が悪く、急遽うちのオットが彼らの車を運転し連れて行く事に。

(義母も運転は出来るのですが、長距離は苦手。)



帰りはもちろん車がないので、汽車で帰らなければならないのですが、(汗)

この日(昨日)は天気が良かったので、私も一緒に行ってきました。



まずは、ランチタイムをねらってサンモリッツのあのレストランで食べ放題。(^^)

(これだから、なかなか体重も減りません、、。汗)

義両親もこのレストランの事は知らなくて、とても満足してた様子でした。



食事の後、オットはそのままクロスカントリースキーを楽しむ事にし、

義両親と私は車で近場に移動し、そこから歩いて見に行けるグレッチャーの方まで散歩しました。

c0188086_21512291.jpg

この写真だと解り難いのですが、やや真ん中にある山の中腹(大きな木の左側)から下にかけてグレッチャーとなっています。(モルテラッチグレッチャー


グレッチャーに向かって散歩道を進んでいくと、ところどころにこういった看板があるのですが

書いてある数字は年代を意味し、例えば1900年にはここまでグレッチャーが延びていた事を示しています。

ちなみにこの看板が立ってた場所から見えるグレッチャーは、ここより程遠かったので

この100年ちょっとの間にも随分、溶けてしまったんだなぁ・・・と。

c0188086_21515026.jpg

5年位前までは、こんな氷(グレッチャー)で出来た洞窟(↓)もあったそうで、

義父も実際に見た事があるようですが、去年?にはもうすっかり溶けてなくなっていたとか。

(この写真はお借りしました。↓)
c0188086_21522767.jpg

地球の温暖化を真近にみる思いでしたね。。。



さて、こちらは帰りの車窓より。
c0188086_21533739.jpg


c0188086_21541383.jpg

行きは車で(渋滞も無く順調に進んだ為)2時間くらいだったのが、

汽車だと3時間半もかかり、おまけにうちの最寄の駅からのバスが20分待ちというのもあって

それなら・・・と駅から徒歩(やっぱり20分くらい。笑)で帰りました。

オットは自分の重い荷物(スキー靴とか)を持ち、私は彼のカントリースキーとストックを担いで。(汗)



とにかくお昼のツケを減らさないと。って事で頑張りました、、。(笑)
[PR]

by mucci194 | 2011-01-16 22:22 | お出かけ

イタリア蚤の市とイタリアサイズ ~カンノビオ~

今日も遠足話の続きです・・・


遠足2日目は早朝からバスでホテルから12Kmくらい先にある
カンノビオという街(イタリア)の蚤の市に向かいました。

ノスタルジックな細い路地があちこちにあり、あ~これぞイタ~リア~♪
c0188086_3192456.jpg

蚤の市(マルクト)に到着。(^^)
天気はイマイチで小雨が降ったりしましたが、皆買い物に必死です。(笑)

c0188086_3203480.jpg

花の鉢を入れる自転車の飾りです。可愛いかったのでパチリ♪

c0188086_3214239.jpg

幸い天気もどんどん良くなり、暑いくらいに。(^^;
レモンなど南国の植物や花が鮮やかで綺麗~♪

c0188086_3221052.jpg

イタリアンな食物たち。
見てるだけでもワクワクしましたよ。(^^)

c0188086_3333276.jpgc0188086_334476.jpg







c0188086_3343485.jpgc0188086_3352556.jpg













さて蚤の市では、つい娘の服ばかり買ってしまうのですが、
息子にも何か買わなきゃなぁ・・・と思いつつ、何がいいのか分からない。(汗)

そうこうしてる内に男性用パンツ(下着)を売ってるお店があって
1枚3ユーロ、4枚だと10ユーロとあったので、これだっ!
と思い、友人と2枚ずつ買うことに・・・・・
(この時点では、すでにお金も底を付き始め、シェアして買いました。セコっ。笑)

さて、このお店でちょっと笑える勘違いが・・・(^^;


お店に置いてあったパンツのサイズは、多分全て大人サイズのようで、
「S/M」 「L/XL」 という2種類のサイズしか見当たらず、、、

息子には、「S/M」でいいかなぁ?いや、ちょっと小さい?!
と悩んでしまったので、隣にいた友人(彼女の息子はうちと同じ年頃で体格も似た感じ)に

私 「S/Mでいいよねぇ?」と聞いてみたところ、

友 「えっ?S?!うちのダンナ(割と細い人)も同じいの持ってるけど、L/XLだよ。
   だから、S/Mは小さいんじゃなぁい???」


(なんで、ダンナの例えが出てくるかなぁ?と思いつつも、、)

私 「えっ?!●●(息子の名)にXL?!」

友 「あらっ!?●●君にだったの~?!てっきりご主人用かと思ってた!笑」


はい、確かにうちのダンナは彼女のご主人よりかは太目ですとも。(笑)
そのダンナに「S/M」を買おうかしら~?なんて大それた事を
私が言った(と勘違いされた)もんですから、ヘンに思ったんでしょう、、、(^^;
(もちろん彼女はダンナの事を知ってるし、確かににこのSはダンナには小さすぎ!爆)


優しい彼女は私に直接、「XXLにしたら?」とは言わず、(ていうか、言えず?笑)
失礼の無いように、「ちなみにうちの(細い)ダンナですら、L/XLよ。」
という意味合いで、それとなく、「だったらうちのダンナにはXXLが妥当かしらね?」
と私に思わせたかったんでしょうね、、。(笑)


うちのダンナ、イタリアではXXL(特にこの店のパンツ)かも知れないけど(笑)
スイスでは、MとかLってなレベル?です。いちお。



てことは、イタリアの男性ってお尻が小さめ?!
カッコイイお尻を想像してしまった方はポチッと。(笑)
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-06-03 04:29 | お出かけ

ミックスサラダの違い ~ロカルノ~

昨日の続きです・・・


お茶園の後はロカルノという街にあるホテルにチェックインし
皆で街を散策に出かけました。

昔からある建物が大切に保存されている様で
この建物の中はレストランはもちろん、スーパーだったりデパートだったり。
c0188086_038624.jpg

イタリアっぽいですが、スイスなんですよ。(^^)
(ちなみにこの地域ではイタリア語が話されます。)

スイス国旗がチラッと見えてます。(^^)

c0188086_0453621.jpg


街ではちょうどアルファロメオのコレクションショーが行われていました。
ヨーロッパ各地から年代物~最新?のモデルまでたくさん集まっていました。
c0188086_0391719.jpg


バルコニーのお花が可愛かったおうち。

c0188086_044875.jpg


夕食はこの街のレストランで。

c0188086_050860.jpgc0188086_0504126.jpg










さて、お昼は「ミックスサラダ」だけしか食べてなかった私たち。
ミックスサラダといえば、最低限でもこんな感じを想像していたのですが
この地方でのミックスサラダは、「グリーンサラダ」みたいな感じで、
葉っぱ系にトマトが何切れか付いてただけ、、。(汗)
(なのでお腹が空いていたのですよ。笑)

ちなみにスイス南部は同じスイスといえどイタリア文化なので
ミックスサラダもイタリア風?なのでしょう・・・
(といってもイタリアだと、他にニンジンやきゅうりとかも入ってた記憶が、、。)


さてレストランでの食事はあらかじめ母の会で注文してあり
私達は何を食べるのかはサプライズとなっていたのですが・・・

まずは前菜に、牛ハムのカルパッチョが。
ハムの下にたくさんのルッコラが隠れていてなかなか美味♪

次はメインがくるのかなぁ~?と思ったら・・・・・!?

え゛っ?!なに?!
また、こっち風のミックスサラダじゃん!(笑)

ランチでこのミックスサラダを食べた者は皆で顔を見合わせ
うんざり~な感じと共に吹き出してしまいました、、。

でもルッコラの後にまたこのサラダ。食べない人もチラホラ・・・(汗)
(お昼はこのサラダごときに長~く待たされ、皆トラウマになってたので。笑)

幸いメインはちゃんとあって(笑)
牛肉のソテーにポレンタ、そして飾り?でちょこっとまた葉っぱサラダが!
でもサラダ以外は美味しかったので、おかわりまでしましたよ。(^^;
(だからサラダの事は許そう・・・)


この日はサラダばっかり食べて、ウサギにでもなった気分でしたわ。(笑)
(当分サラダはみたくありませんがな。)


ティチーノ州でミックスサラダを注文する時は
それはグリーンサラダだと思ってた方がショックは少ないかも。ですよ?


ここまで読んでくださった方、どうも有難うございます。
せっかくなので、ついでにポチっと♪
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-06-02 01:24 | お出かけ

スイスで日本茶園


この週末、村の母の会主催の遠足に行って来ました。
今回は、1泊2日という初の宿泊旅行となりました。(^^)

行き先は、ティチーノ州(スイス南部)とそこから近いイタリアまで。

まずは山の上の方にある、こちらを見学しました。

c0188086_23523291.jpg

日本?!みたいな感じなんですけど、、、(笑)

実際はスイス南部のアスコーナにある、
モンテベリータ(美術館というか植物園?)にある緑茶園です。

お茶はこちらの日本茶のようですよ。
(↑下線をクリックすると、この日本茶園の様子も伺えます。)


さて、この日本茶園では二つのグループに分かれて行動する事になっていて
あらかじめどのグループになりたいか申し込まなければならず、
もらったインフォメーションに書いてあるには

Aチームは茶道と茶園見学、約2時間。昼食を取る時間がないので
ランチは各自(サンドイッチなどを)用意。

Bチームは、茶園見学のみ。約1時間。お昼は(近くにレストランはないが)
植物園内にあるレストランで昼食を取る事が可能。


私はどうせなら茶道も見学できるAチームの方がよいかなぁ・・・?
と思いつつも、昼食をゆっくり取れるBチームもいいかなぁ?

と迷っていたところ、いつも母の会では一緒に行動している友人が、
村でたまたま母の会の役員に会い、どっちにするか聞かれたので
自分とmucciはBチームにすると勝手に申し込んでくれたそう。
という事で、私達はBチームに。(笑)

その友人いわく、「2時間も瞑想して静かにしてるのは辛いわ・・・」
との事で迷わず、Bと答えたそうです。あは。(^^;


前置きが長くなってしまってすみませんが、、、


私達Bチームはまず、レストランで冷たい日本茶を
ウエルカムティーとして頂きました。(^^)

園内にあるこのレストランはマッジョーレ湖が見渡せる山の高台にあるので
眺めは最高です。

c0188086_0201575.jpg

私からすれば、久しぶりに「お~ぃ、お茶」みたいなのを飲めて嬉しかったのですが
他のスイス人達は、ほぼ全員、飲んだ後固まっていました、、。(汗)
(こちらの人にいきなり日本の緑茶は酷だったような・・・?^^;)

私だけリフレッシュした後は、ガイドさん(82歳のおばあさん)に付いて
茶園を見学・・・と思ったら、この植物園(というか美術館)の歴史が延々と語られ、
お茶に関する説明はほとんどなかったような・・・?(汗)
多分、母の会の勘違い?で始めから茶園見学というよりは、
この園そのもののガイドツアーだったんだろうと、今になれば思えてきます。(^^;
(あー茶道見学にしときゃあよかったな。。。笑)


茶畑はこの園の一部に小さくあるのみですが、随所に日本文化が感じられます。

ちなみに茶道は写真(すぐ下右側の写真の左)にある茶室で行われ、
見学者たちは茶室前にある庭園で椅子に腰掛けての見学です。
着物を着た日本女性がお茶をたてていたようです。
(私はちらっとしか見れず、お話するどころか写真すら撮れなかった~汗)

c0188086_0362164.jpgc0188086_0365289.jpg








c0188086_0373485.jpg
c0188086_0381045.jpg











で、、、、
見学後はレストランで「ミックスサラダ」だけを頼んだ私達ですが、
すでに見学前に注文しておいたのにも関わらず、30分以上は待たされたような。
もちろん、他の皆も待ちぼうけ~

そうしてる間に、もうAチームがレストランに・・・
(結局終わってレストランに来る時間が同じなら、
やっぱりAチームにしとけばよかったよ。笑)


ちなみに茶室にはティーショップ(ネット販売も可)もあり、
Aチームの皆はお土産袋持参でレストランへ。

せめて私もティーショップでお茶でも買って・・・
と思っていたのに、レストランでは何もかもが遅かったせいで
お勘定の後は、すぐにホテルに向けて出発となってしまい
お店どころか、茶室をちら見する事すら出来ませんでした。
せっかくあそこまで行ったのにな。残念、、。(TT)


Aチームの皆の感想は、と~っても興味深くて良かったわ!
だそうです。(抹茶の味以外は。


なんだかダラダラと書いてしまい、読みにくかったかも知れませんが
遠足話、まだもうちょっと続けて書く予定。。。(^^)


あ~抹茶が飲みたかったぁ~~
激しく後悔、、。


自業自得な残念なワタシにクリックで応援してね。(^^;
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-06-01 00:57 | お出かけ

ルツェルン(2)


引き続き、ルツェルンより・・・

「ライオン記念碑」を見学した後は、街の高台にある「ムゼック城壁」へ。

c0188086_0464772.jpg

中世の頃、街を守っていたこの城壁は、
観光地としてはあまり有名ではないかも知れませんが
中に入って、いくつかある塔の上まで歩いていく事が出来ます。

c0188086_0505490.jpg

こちらは犬の立ち入りOKで、ギスモも急な階段を上って行きましたよ。

入り口にあった騎士の像と塔の中。

c0188086_053246.jpgc0188086_0542038.jpg












塔の上からはこの様な景色が見えます。
ルツェルンが一望出きるので、かなりオススメですよ。

c0188086_055486.jpg

c0188086_104723.jpg

外から見た時計塔とギスモ。この場所からも良い景色が眺められます。
(中の階段が急斜だった為、行きはよいよい帰りは怖い~なギスモでした。^^;)

c0188086_11422.jpgc0188086_121947.jpg











この城壁を降りて街に出ると、シュブロイヤー橋の方に着きました。
が、、、
パトカーがたくさん止って、テープも張ってあり、何事?!
かと思いきや、刑事ドラマのロケだったようです。(笑)
(Tatortとか・・・?)

c0188086_153081.jpgc0188086_162063.jpg










この後、カペル橋に寄ってからルツェルンをあとにしました・・・
とにかくお天気が良くて気持ちの良い休暇となりました。

が、、、
出かける時から暑いくらいだったので、Tシャツ姿のまま車に乗り
なんと、、、上着を持参するのを忘れての遠出となりましたが、、。(汗)
(ハイキング用のウインドブレーカーがあったので助かりましたけど、、。)



上着もいらない3日間でした。(ホッ。^^;)
夜は寒いスイスなのによかったね、なポチを♪
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-05-28 01:23 | お出かけ

ルツェルン(1)


3連休の最終日はルツェルンに寄って来ました。

ルツェルンの見所といえば、やっぱりカぺル橋(↓)でしょうかね。

c0188086_036154.jpg

でも私達が最初に見学したところは・・・・?!

あっりゃ~っ!「犬、立ち入り禁止」でしたがな、、。
「ボクも中に行きたいよぅ・・・。」

c0188086_0372221.jpg

というわけで、ダンナと交代で見学しました、、。(入場無料)

でも、ほらっ、外からもちゃんと見えましてよ。(^^)
(ちなみに写真の下↓に見える茶色い山?はギスモの頭。笑)

c0188086_0375788.jpg

こちらは、「嘆きのライオン」像とも言われている、「ライオン記念碑」。

c0188086_0383970.jpg

フランス革命の最中、ルイ16世を守るために全滅したスイス人衛兵を偲んで
天然の砂岩に彫られたライオンの像です。

私はルツェルンには何度か来た事がありますが、
この有名な像を見学したのは今回が初めて!


さて、娘も小学高学年の頃、遠足でルツェルンを訪れた事があるのですが、
日本人の団体観光客に出会い、皆さんスイスの子供達の写真を撮りたくて
団体さんに囲まれてちょっと怖くなってしまった思い出があるそうで・・・(^^;

ルツェルンに行く前に娘いわく、
「いっぱい日本人がいるからねぇ~。^^」と。

その言葉通り?車をパーキングして街に出た途端、
日本人団体客がバスからたくさん降りて来られました~(^^)

かく言う私も「日本人観光客」の一人だったんですけどね、、。(笑)


ちなみに過去に行われたアンケート(世界のホテルの従業員対象)の結果、
日本人観光客は、スイスではもちろん世界中で一番歓迎されるゲストだそうですよ。(^^)
(やはり行儀が良いのが好かれる理由のようです。)



ルツェルン、さすがは観光地。観光客で賑わっていました。
明日もちょこっと続きます・・・

それでもよろしければ、今日もポチっと♪
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-05-27 01:09 | お出かけ

家族ハイキング


この3連休、夏のように良いお天気のスイスでした!

私達家族は、毎年恒例の家族ハイキングで中央スイス(ブルンネン辺り)へ。
(息子はFCの遠征でいなかった為、代わりに娘の友人を連れて行きました。)

今回は、まずフェリーでウーリ湖の向こう岸に渡り、
スイス発祥の地となった辺りまでハイキングをし、そこでBBQ。
帰りはフェリーでまたブルンネン、というコース。

c0188086_2239964.jpg

もちろんギスモも参加です♪ (フェリー代は子供料金を取られます。)

c0188086_2241887.jpgc0188086_22414952.jpg






c0188086_22423319.jpg

右: スイス連邦発祥の地を記念して立ててある旗。
(記念すべき場所にしては、な~んもない所でした。旗も風がなくてショボ~ン、、。)

c0188086_22441211.jpgc0188086_22445489.jpg











これはアーミーナイフなんですが、、、、
よ~く見ると、鍵が!?
なんと、この鍵、ホテルのルームキーなんですよ!
c0188086_22453599.jpg

ハイキング(BBQとか)には便利でしょうが、、、、
一歩間違うと危ない鍵ですよねぇ・・・?!

こんなルームキーの存在というのは、
言い換えれば、今まで事故が無かったって事なんでしょうけども・・・?


はい、
部屋の中では夫婦喧嘩をしないように努めました。(笑)



さすが平和な国スイス?!なポチを。
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-05-25 23:05 | お出かけ

続・雨の休日の過ごし方


はい、今日も天気が悪く寒かったです、、。
でも今日は連休といえど、一般のお店はオープン♪

という事でダンナとザンクトガレンの方まで出かけて来ました。
まずは、ダンナが憧れるサブウエイでランチをしてから。(笑)
(そもそも目的はココしか決めていかず、フラッと出かけた私達、、。)

その後は・・・?この辺りの住人が思いつくような場所といえば、
やっぱり、ショッピング・アレーナ(SG州最大のショッピングセンター)?

でも、ダンナはショッピングが嫌いなので、「イヤ」と言うかな?
と思いつつ聞いてみたところ、すんなりとその方向に走ってくれて、
ちょっとビックリ、、。(無言のままでしたが。笑)


このショッピングセンター、上はFCザンクトガレンのスタジアムになっていて
横にはIKEAが付いてます。

c0188086_643655.jpgc0188086_6441069.jpg










この天気で休暇中ですから、結構中は混んでました、、。

私はゆっくりと買い物をしたかったのですが、
なんせショッピングが嫌いなダンナ同伴ですから、(汗)
30分だけ時間をもらい、お互い自由行動で後で待ち合わせ。

はい、あっという間に時間となりましたよ。(笑)


帰りに、街の美術館に寄って来ました。

c0188086_72143.jpg

ダンナが前に、コレ(←びっくりしないように。)を見に行きたいと言っていて
ここにあるかなぁ?と思い行ってみましたが
何も無くて・・・がくっ。Raiffeisenbankのカードで入ってよかった、、。
(提示すると入場料無料)

家に帰って調べてみると、展示の予定については
まだはっきりしてないようですね、、。
しかも(展示されるとしたら?)建物はココ↑じゃなくて、
横にあった美術館のようだし、、。

行き当たりばったりの外出だったので、こうなりましたが
家で今日も引きこもるよりかは、よかったかな?な一日となりました。


でもやっぱり、、、
ショッピングは一人で行くのに限ります。(^^)
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
今日も応援ありがとう。励みになります!emoticon-0105-wink.gif 
[PR]

by mucci194 | 2010-05-15 07:16 | お出かけ