<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ミラノ♪


先週の土曜日、村の「母の会」の遠足でミラノに行って来ました。
(日帰りの遠足でミラノに行けるなんて、こんな田舎でも何気に便利なもんです。^^)

c0188086_1451470.jpg

現地では自由行動だったので、私は3人組で観光名所を見学しながら時々ショッピング。

帰りのバスの中では皆様、毎年恒例の「みせびらかし会」。といっても何を買ったか見せる人は一部の方々だけなので、私はもっぱら見学組で楽しみました。
今回は念願だったルイ・ヴィトンのバック(約600ユーロ)を買って喜んでた人もいましたよ。(羨)

私ですか?
ジャケットを1着買いました。もちろん、GUCCI!!!

じゃないのが残念だ。(笑)
 
   いいねemoticon-0148-yes.gif
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつも応援ありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-27 02:12 | お出かけ

地中海クルーズ(8) ~ジェノバからスイス~

8日目、10月8日はとうとう最終日のジェノバとなりました。

レストランで最後の朝食。

c0188086_0213357.jpg

c0188086_0221437.jpg

最初の頃はブッフェレストランで食べていましたが、いつも混み合っていて騒々しいので、後半はいつもレストランでお世話になりました。ウエーターさんが運んで来てくれるので、静かに食事が出来てこちらの方がよかったです。ビュッフェよりは品数が少なくはなりますが、レストランで食べても無料(ツアー代込み)なので、ゆっくり食事をされたい方にオススメです。

但しビュッフェもレストランも無料ソフトドリンク類(オレンジジュースなど)は、美味しくありませんでした。美味しいジュースもあるようですが、それは有料。

ちなみにツアーを申し込む際に、追加料金(大人一人1日15ユーロ、子供8ユーロ)でランチとディナー時に飲み放題OK(ビールやワインも)になる、ドリンクパッケージを申し込もうか迷いましたが、うちはランチは観光地かも知れないし、果たして得なものか?考えて、結局申し込みませんでした。
その場合は食事の度に注文したドリンクが(鍵兼用の)カードで精算されて、その都度サインをし最終日に明細書が届く仕組みです。

思ったよりも船内の飲み物は高くはなく一般のレストラン同様、もしくはスイスよりも安いくらいでした。(例えばミネラルウオーター1リットル、税込み2・42ユーロ)我が家の場合はパッケージを注文しなくて正解でした。

朝食を終えるやそろそろ日の出と共にジェノバに到着です。9時到着の予定でしたが7時頃には着いたように思います。

c0188086_0421179.jpg

c0188086_0424247.jpg

なんせ大勢の客がチェックアウトしますから、キャビンの階ごとに色でグループ分けされて(スーツケースにも色別のタグ)ショールームに一旦集合し、スクリーンに映し出されたグループからチェックアウト(直接外に出られる)します。
私達は8:45から待機していたのですが、どうもイタリアの税関でもたついてたらしく、2時間くらいもここで待機してました。(汗)
ちなみに客は各国から集まっている様子でしたが、中国からの団体客が多かったです。遠くから来られたんだなぁと思いましたが、考えようによっては毎日荷物はそのままで各国を旅できるわけですから、疲れは少ないかも知れませんね。あと日本人客は私を含め10人くらいもいたでしょうか?あまりお目にかかれませんでした。

c0188086_057755.jpg

この会場では毎晩ショーが行われており、私達も何度か観ましたが、とても本格的で見事なショーが楽しめました。色んな楽しい思い出を残して、とうとうこの船ともお別れです・・・


さようなら&ありがとう、MSCファンタジア!



********************************

イタリアからスイスへの峠越えでは、なんと雪景色・・・

c0188086_191246.jpg

夢のようなクルーズ旅行からいきなり現実の世界に戻されたのでありました。(笑)

完。


長かった旅行記にお付き合いしていただいた皆さん、
どうも有り難うございました。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-25 01:16 | 旅行

地中海クルーズ(7) ~またジェノバへ~

7日目のローマからの続きです。

とうとう全ての寄港地巡りを終えて、目指すは出発地でもあった終点地のジェノバ。
楽しかったクルーズ旅行もあっという間に最終日。ただ心残りだったのは、毎日の観光に追われて船内の充実した施設を思う存分利用出来なかった事でしょうか・・・

c0188086_411895.jpg

さて最終日の晩の話。
出発前のローマの海はやや荒れ模様。不安は的中し、出発直後の食事中に船が大きくグラッと・・・
「おぉ~!」皆の声が一斉にあちこちから聞こえます。でも揺れは時々あるくらいで何とか食事を済ませたものの、やはり船はかなり揺れているらしく、部屋へ帰るにも足取りがフラフラして思うように歩けません。宇宙飛行士にでもなった気分というか、知らない人が見たら、ただの酔っ払い?みたいになんとか階段を上り、やっとキャビンまで辿り着きました、、。(汗)

しかも翌朝はチェックアウトの為、この日の晩の夜中2時までにキャビンのドアの前にスーツケースを出しておかなければなりません。早速荷物をまとめたかったのですが、フラフラして気持ちが悪くてそれどころじゃありません。とにかく立っていられず、ベットの上に倒れている上体が一番ラクというかマシだったので、その体勢でなんとか我慢・・・(普段車酔いをする娘も同様。男性軍は平気でいました。)しながらも、どーしても映画「タイタニック」が頭をよぎり不安になるというか、当事者の方々の恐怖を思うと揺れごときなんのその。です。(^^;

旅行中はこのクルーズが気に入って、また違うルートで利用してみたいなぁ~♪ なんて思っていたのですが、この揺れの気持ち悪さのせいで、考えも一転!?(その時はもうこりごり!なんて思いましたが、今となってはやっぱりまたクルージングしたいです。笑)

幸いしばらくすると(1~2時間くらいの長い間に感じましたが実際はもっと短い間だったのかも?)揺れも治まり、無事にスーツケースもまとめ、ぐっすり眠る事が出来ました。(ふぅ~っ)


もうちょっと続く・・・(多分やっと最終回かもです。^^)

 
ランキングに参加しています。 
応援クリックしていただけると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-24 04:21 | 旅行

地中海クルーズ(7) ~ローマ~

7日目、10月7日はローマに近い港町、チビタベッキア。(8:00~19:00)

このクルーズではいよいよ最後の観光地となってしまいました。
この一週間ずっと晴天に恵まれていたのですが、この日は朝からどんよりと曇り気味・・・

時間があればゆっくりローマを周りたかったところですが、港からローマまでは鉄道を使って1時間半近くもかかるそうなので、今回は思い切ってMSCのツアーに参加する事にしました。
(バスでローマをさくっと周りながら、途中バチカンで1時間の自由行動。)

c0188086_0261832.jpg

バスから降りれなかったのが残念でしたが、ローマの名所のひとつ、コロッセオ。

c0188086_0304865.jpg

駆け足でローマを周った後はバチカンへ。
すごい人で混み合ってました。ダンナの親戚の子がバチカンでスイス傭兵をしているので、ひょっとして会えるかもね?なんて少し期待して行きましたが、まずその傭兵自体見つけるのが困難で、ダンナはどうにか二人の傭兵を見かけたらしいのですが、遠くから写真だけ撮ってお終い。(せめてよろしく伝えてくださいとだけでも伝言すればよかったのに・・・)

c0188086_0331027.jpg

1時間はあっという間で、写真を撮ったりポストカードを書いただけで終了してしまいました。
(途中からは小雨も降って来ましたし、、。)

ローマへはまたいつか行ってみたいです。(有名なトレビの泉も見学出来ませんでしたから、、。)

で、バスで船に戻ると、すっかり雨は上がりましたが、波が結構荒れています。

c0188086_0465750.jpg

なんだか不安・・・さて、どうなる?!


続く・・・

 
ランキングに参加しています。 
応援クリックしていただけると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-24 00:49 | 旅行

地中海クルーズ(6) ~メッシーナ②~

メッシーナ①からの続きです。

夕日シリーズ、「メッシーナ」。

c0188086_445433.jpg

毎日こんな夕日や朝日が見られるのはクルーズ旅行の醍醐味かも知れませんね。
(でも写真だけ見ると朝日か夕日か見分けがつきません、、。^^)

さて、この日の夜は二度目のガラディナー。
その前に船の後部にあるバーでカクテル(ノンアルコール)を飲む子供達。ディナーへの気分も高まってくるようです。

c0188086_449106.jpg

私の胃袋に入った品々・・・(でもデザートは皆の分ですからね、、。^^)

c0188086_4525382.jpg

デザートの前にウエーターさん達のちょっとしたパフォーマンスがありました♪

c0188086_4545755.jpg

船の旅も残すはローマのみとなってしまいました。(寂)


ローマに続く・・・

 
旅行記もいよいよ終盤です。
クリックで応援してね♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-20 04:59 | 旅行

地中海クルーズ(6) ~メッシーナ①~

6日目、10月6日はイタリアはシチリア島のメッシーナ。(7:00~14:00)

私達のクルーズ旅行もいよいよ終盤、またイタリアに戻って来ました。
船の上から眺めるメッシーナの街とメッシーナ海峡。シチリア島への玄関口となっているようです。

c0188086_0471098.jpg

c0188086_0502100.jpg

幸い港は街のすぐそばで、この日の寄港時間は半日だけだったので、軽く街を散策する事に。

まずは市内観光出来るバスやミニ列車が出発するらしい、メッシーナ大聖堂のある広場へ。
(写真↓の塔は仕掛け時計で12時になるとからくりがあります。)

c0188086_114382.jpg

ダンナは歩いて街を周りたかったようですが、時間もないしミニ列車で市内を周る事に(子供達と私とで強引に)決定。(一人10ユーロ。バスは15ユーロだったかな?)
乗客はドイツ語圏の人が多かったようですが、ガイドは英語・イタリア語・スペイン語・フランス語のみ。(ドイツ語ないやん!)

ちなみに大聖堂の向こうに私達の船のてっぺんが見えてます。↓

c0188086_174113.jpg

市内をゆっくり走りながら、丘の上にあるキリスト王の聖記念教会(Sacrario di Cristo Re)まで行き、一旦休憩してからまたスタート地点(広場)に戻りました。

c0188086_1283811.jpg

c0188086_1331395.jpg

c0188086_1351652.jpg

観光が終わった後、歩いて街を散策し、大通りにあったカフェで食べたランチのボンゴレ。
4ユーロにしてはすごく美味しかったです。^^

c0188086_13641.jpg

この後、ちょっとデザートが食べたくなり(お腹はいっぱいだったけど。汗)ちょうどそこにあったお菓子屋さんへ。見かけは全然おしゃれじゃなくて(それどころか陰気くさい感じで、ここを選んだダンナを一瞬恨む。)おじちゃんとおばちゃんが(多分代々?)やってるお店で、品数もそんなになさそうで、アマレット風のクッキーやエクレア風のお菓子が何巣類かあって、値札に1・50ユーロとあり・・・

私達がどれにしようか迷っていると、さかんに、「もしかして、カンノーリ(cannoli)でしょ?」と聞かれたんですが、カンノーリは昨日のディナーのデザート(↓)で食べたし、お腹いっぱいだし、、、

c0188086_1533877.jpg

結局ダンナが、アマレット風クッキーを指差し、「これを5つください。」と注文。(私の頭の中→1.50x5。笑)
1個がかなりデカイし、船に帰るまで食べきれる?(基本的に封を開けた食べ物の船への持参は禁止らしい。)おまけに、高付くじゃん!と思ったら・・・値段は5つで、1.50ユーロでした。^^;

どうも計り売りで、100g?1.50ユーロっぽいです。(安っ)
しかも超おいしかったです。お店、写真撮って、名前とかも見てくるんだった、、。
(見かけによらず、実は有名な老舗だったりして・・・?)

まぁ、このお菓子屋に入ろうと言ったダンナに感謝でした。(恨んですみません。笑)


メッシーナ②に続く・・・

 
ここずっと旅行記ばかりで退屈かも知れませんが、
もうすぐ終わりますので宜しくお願いします。 
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-19 02:06 | 旅行

地中海クルーズ(5) ~マルタ②~

マルタ①からの続きです。

ブルーグロットの後はマルタの首都、ヴァレッタの街を散策。
ヴァレッタはオスマン帝国を打ち破った聖ヨハネ騎士団によって造られた歴史ある街とあって、街全体が中世の美術館の様な落ち着いた雰囲気でした。(って、この写真はちょっと人が多すぎるけど^^;)

c0188086_2213865.jpg

c0188086_2503341.jpg

子供達は船に戻りランチブッフェ(ランチ代はツアー料金込みなので食べ放題。)に行ったのですが、私達はせっかくマルタまで来たんだし、この上から下に見えたテラス(↓)のレストランでいただく事に♪

c0188086_225306.jpg

マルタは物価が安いのか?この眺めのレストランでも私達の食事は飲み物を含めても二人で20ユーロしませんでした。(ちなみに後で入ったカフェでビールを飲んだのですが1杯1.60ユーロでビックリ。)

c0188086_2312725.jpg

街の中で見かけた、懐かしいビクター(?)の看板。
c0188086_2322875.jpg

街の建物は出窓が多く、ザンクトガレンの街にも若干似た感じがしないでもありませんでしたが、さすがにザンクトガレンの街中で洗濯物は見かけません、、。(まぁ、この場所も少し街中からは離れていましたが、洗濯物も絵になっていたというか・・・^^)

c0188086_2373971.jpg

c0188086_2512730.jpg

マルタの夕日。

c0188086_2533948.jpg

駆け足で過ぎた一日だったのですが、すっかりマルタの魅力に引き付けられました。
この島で数々の映画が撮影された理由がわかるような気がします。

いつか機会があれば、今度はゆっくりと滞在してみたいマルタ島でした。


メッシーナ(イタリア・シチリア島)に続く・・・

 
ヨーロッパ旅行のランキングにも参加してみました。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪
スイス情報の方を押しても(ポイントは分散されるので)構いませんのでよろしくお願いします。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-18 03:07 | 旅行

地中海クルーズ(5) ~マルタ①~

5日目、10月5日はマルタ島のヴァレッタ。(寄港時間、09:00~18:00)

港への到着予定が朝9時だったのにも関わらず、早朝目が覚めて外を見ると、
うわっ!もう着きそうになってました。(毎回ほとんど1~2時間早く着いていた感じです。)

日の出前の紫がかった綺麗な空の色がなんとも幻想的でした。

c0188086_3112891.jpg

c0188086_3121443.jpg

船が着いた港は市街地のすぐそば。(バルコニーからの写真↓)

c0188086_316886.jpg

この日の予定は、まずマルタの青の洞窟、「ブルーグロット」へ。
天気が良くて何よりでした。(天候によりボートツアーが中止になるので。)

c0188086_331767.jpg

町のバスターミナルから、マルタおなじみのネコバスみたいな黄色のバスで行く・・・とあらかじめ調べて行ったのですが、どこにも黄色のバスは無く、コバルトブルーのバスしか見当たらず不安に。。。
たまに古いバスが道を走ってるのを見かけたんですけどねぇ・・・

(*こちらに帰って来てから分かったんですが、どうやら7月からバスが一斉に新しくなったようです。)

それでバスの切符売り場でどのバスに乗るべきか聞いたところ、このターミナルからは、「X4」番に乗り、マルタの空港で、「201」番に乗り換えればブルーグロットに着くと言われその通りにして向かいました。
(バス代、2.60ユーロ。多分1日乗車券だと思います。)

しかしながら乗り換え地点でもイマイチ不安で、そこにたまたまバスを待っていた一人旅の日本女性にも確認したところ、彼女もブルーグロットに行くそうで、お互い安心した次第です。(^^;

無事に着いて、まずはブルーグロットを周るボートのチケット(一人7ユーロ)を購入し、沖で待ってるボートに次々と乗り込み、(ボート一台に8人くらい乗ったでしょうか。)いよいよ出発!

c0188086_3362084.jpg

c0188086_337432.jpg

c0188086_338544.jpg

c0188086_3392030.jpg

太陽の光具合で水の色が変化して本当に綺麗な青色でした!
20分くらいボートに乗ったでしょうか・・・?ガイドさんが次々に説明するので、写真撮影に忙しく、何だか慌しく終わってしまって・・・
また機会があったら、今度はじっくり水の色を観察して楽しんでみたいものです。

結局バス停で知り合った日本人女性とツアーも一緒に楽しんだのですが、お名前も聞かずに別れてしまったのが、今となっては心残りです。もし偶然にこのブログを読まれましたら、是非ご一報いただきたいところですが、やっぱり無理・・・でしょうかねぇ?


この後はヴァレッタの街へ・・・続く・・・

 
ランキングに参加しています。 
応援クリックしていただけると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

いつもありがとう。
[PR]

by mucci194 | 2011-10-17 03:53 | 旅行

地中海クルーズ(4) ~チュニス②~

チュニス①からの続きです。

旧市街メディアを後にして、古代遺跡で知られるカルタゴに向かいました。
そこで訪れたのは、サンルイ大聖堂。とはいっても1956年にチュニジアが独立して以降はカトリック教会として使用されなくなり、1993年からはアクロポリウム (Acropolium) と呼ばれる文化施設となっているそうです。

c0188086_23364142.jpg

中も見学しました。(入場料3ユーロ)
ヨーロッパの一般の教会とは違ってアラビアンチックで、今にも空飛ぶ絨毯が飛んで来そう・・・

c0188086_2338108.jpg

遺跡を見るのを楽しみにしていたんですが時間の余裕が無くて、途中ささっと車から降りて、ある遺跡の写真を撮っただけで終わり残念、、。

c0188086_23424326.jpg

この後はカルタゴの近くにある、シティブサイドという小さな町へ。(カルタゴからこの一帯はお金持ちが住んでる区域らしいです。)

町は観光地というだけあって、世界中の観光客で賑わっていました。タクシーを降りた途端、いきなり花売りおじさんに花を1本渡され、もう1本は頭に付けられ(すごい早業で警戒する間もなし。苦笑)何これ?プレゼント?なんて思う暇も無く、「20セント」と言ってる風に聞こえたので、仕方なくお金を渡そうとしたら、2ユーロでした。(払いましたとも。汗)なのでこのおじさんが来てもさっさと無視して行った方がよさそうです。(チュニジアには色んなOOおじさんがいるようで要注意ですね。^^;)

c0188086_23502685.jpg

町の入り口は土産物屋がずらっと並んでいるのですが、少し歩くと白い壁に青い窓枠やドアというツートンカラーで統一された住居が立ち並んでいます。(町並み保存区域に指定されている景観区。)

c0188086_031262.jpg

c0188086_041433.jpg

c0188086_05257.jpg

地中海に面してるというだけあって、チュニジア(アフリカ)といえども、ここはギリシャ?!って感じの素敵な町でした。

丘の上にある町なので、向こうには果てしなく海が広がってます。
(遠くに私達の船も見えましたよ。^^)

c0188086_092899.jpg


マルタに続く・・・

 
最後にクリックしてお帰りいただけると嬉しいです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行
[PR]

by mucci194 | 2011-10-16 00:15 | 旅行

地中海クルーズ(4) ~チュニス①~

4日目、10月4日はチュニジア共和国の首都チュニス。(寄航予定時間、14:30~19:30)

いよいよ私にとって初のアフリカ大陸、チュニス(La Goulette)に到着。

c0188086_22173775.jpg

船を出ると、まずはラクダのお出迎え。(写真撮影+乗ってちょっと歩く=5ユーロ)

c0188086_22205248.jpg

観光については、チュニジア情勢が回復したばかりとあって、ツアーに参加するべきか迷ったので、前日に船内であったツアーガイドさんとの相談会に参加。色々と話を伺ったところ、個人で地元の交通機関を使用して行くのはあまり勧めないが、しかるべきタクシー会社のタクシーで個人で周る分には、安全面からいっても大丈夫でしょうとアドバイスされ、私達はタクシーで市内を周る事に。

まず税関で記入済みの入国カードにスタンプしてもらい、いよいよ入国。
この税関に入る前だったか?または出てすぐ後だったかに、前もってネットでも見た事のあるタクシーツアーの看板が目に入り、このツアー1(メディナ行き/40ユーロ)に決定。値段がすでに決まっているのが安心です。

c0188086_22353829.jpg

世界遺産にも登録されている旧市街メディナ。
入り口にあるバブ・バハル(フランス門)から入ると、そこはガラッとイスラム風で地元の人で混み合ってました。観光客はあまりいなさそうでしたが、タクシーの運転手が言うには、これでもだいぶ観光客が増えてきたそうです。

c0188086_2249328.jpg

市場(スーク)の中は細い迷路の様で少し怖い感じだったのですが、ダンナに言われたように何を勧められてもにこやかに無視しながら歩いてました。結局お土産屋では日本のおかずにも合いそうな小皿を数枚購入。

途中でダンナが行きたいモスクがあり地図を広げると、すぐに若者が来て親切に助けてくれようとするのですが、なんとも胡散臭い感じなので、「結構です。」と丁重に断ったと思ったら、またすぐに別のおじさんがやって来て・・・(汗)
このおじさん、ドイツ語も上手で、怪しんで様子を伺う私達に、素敵な場所がありますから3分だけでもあれば一緒に付いて来ていただけませんか?と物静かに言われ、このおじさんにならチップを払ってもいいかな?と仕方なく付いていく事に。。。(^^;

まず連れて行かれたのがココ。カレッジとかって言ってたような・・・?(あいまい。汗)

c0188086_239091.jpg

この建物だったか?記憶が曖昧ですが次に連れて行かれたのは、トルコ統治時代の王様のベットがある部屋。

c0188086_23543039.jpg

さらに階段を上って上に行くと、おじさんのいう素晴らしいパノラマが待っていました。
二つ見えるモスクのミナレット、手前の四角形なのがアラビア系、向こうの八角形のはトルコ系だそうです。

c0188086_23551644.jpg

おじさんに誘導されてナイススポットでポーズを取らされて写真のモデルと化した息子。
アーチの中からモスクが見えた時は、あ~!と皆で感動。

c0188086_23555717.jpg

このパノラマ見学代(?)一人2ユーロずつにチップを足しておじさんに支払いました。
(払ったのは一番最後、ちゃんと出口まで連れて行ってもらってから。By慎重なダンナ)

結果的にはこのおじさんのおかげで素敵なパノラマを見られたので付いて来て良かったと思いますが、中には注意すべきパノラマおじさん(と世間では呼ばれてるみたいですね)もいるようなのでご注意ください。

この後はタクシーの運転手と待ち合わせ時間に落ち合い、更に20ユーロを追加してカルタゴとシティブ・サイドにも行ってもらう事にしました。


チュニジア②に続く・・・


 
ランキングに参加しています。 
クリックして応援していただけると有難いです♪
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行
[PR]

by mucci194 | 2011-10-15 00:15 | 旅行